×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

名水と湧き水

名水と湧き水。人間の体は70%近くが水分だと言われています。普段の生活でそんな事を意識する事は滅多に在りませんが、我々の人体の70%近くが「水」であるならば、ある意味人間とは「水そのもの」だとも言い換えても差し支えないかも知れません。それならばと言う訳ではありませんが、暑い夏に冷たい天然の清水を飲んで気分爽快。

私達探検チームは阪神地区からスグそこにある四国へ「自然の湧水」や「名水」を求めて2001年の夏、まず香川県からリポートし、次に徳島県、愛媛県、高知県の順番にレポートを行いました。水汲み無料をメインにしましたが、頂いた情報とはやや違い、有料のところもありました。

四国湧水探索2001〜

我々名水&湧き水探索隊が四国の自然の湧水をリポートする事にしたのは私達探検隊の本拠地「大阪・神戸」地区からすぐ目と鼻の先に四国が存在している事と、私達の仕事の関係上、香川県や徳島県という神戸・大阪地区と隣接した東四国地域の事業者との間の取引や仕事も多くあり、よく香川県や徳島県の情報は入手出来る上に行き来も多くある為、情報を入手そのアシでそのまま名水や湧き水のリポートというチャレンジも可能だったという幸運もあったからだと言えます。

しかしながら下記の通り、現在データが残っているのは香川版のみとなっています。

  1. 名水[湧き水]四国観光ドライブコース讃岐香川県編2001(リポート参照可)
  2. [四国観光地ドライブリポート名水&湧水]阿波徳島県編(※2003データ喪失)
  3. 名水と[湧き水]四国旅行リポート伊予愛媛県編(※2003データ喪失)
  4. 四国地方[名水湧水旅行]土佐高知県編(※2003データ喪失)

尚、本リポートデータは2001年のデータですので現在は名水や湧き水の水汲み現地の状況は当時とは変化している可能性もありますので、四国観光旅行や四国ドライブコースにこれら涌き水現地を訪れる際は状況変化等にご注意下さい。無料で水汲み出来ていたところがいつの間にか有料になっていたとか、立入り禁止になっていたという事はよく耳にする事です。本サイトでは提供する情報に関し、現地や現在の水質など一切に関し如何なる保証をも行うものではない事をご理解の上、行動される際は総て自己責任にて行って下さい。

又、トップページ上にも明記している事ですが、若し名水や湧き水現場を訪れる事に成った際は近隣住民やその土地の所有者の迷惑にならない様に心がけましょう。これはどこの日本の名水現地に行っても同じ事です。

余り期待しない様に!”たまに”名水や湧き水を飲んでも健康面での意味は希薄

我々「探訪チーム」も「たまに」しか名水や湧き水現場に赴く事が出来ないのが現実。たまに日本各地への旅行や観光がてら湧水や清水が出ているところへ行き、「気分転換の一環として」飲める程度です。この様に稀にしか飲用する事の出来ない我々の様な場合は健康面での期待はちょっと出来ませんので「旅行がてらの気分転換」と思ったほうがいいでしょう。病気の方を無理矢理連れて行ったりするのはよくないです。大きな期待は禁物です。

そうなんです。名水や湧き水は毎日飲んでこそ健康的な価値があるもの。しかしこれは現実的に非常に難しい事。また天然のミネラル成分豊富な名水を「たまに飲用」したからと言って健康的にどうなるのもでもありません。毎日名水や湧き水を飲用出来る環境に恵まれている人は日本にそう多くはいないでしょう。一部地域では水道水そのものが名水的な湧水、といった羨ましい地域もあるようですが、多くの場合はそれぞれの地域の水道局から家庭へ供給されるくっさい水道水です。人によっては「水道水」が臭くて飲めない、とも言います。特に夏場「常温での水道水はそのままでは臭くて飲む気に成れない」とも・・・。

こういう場合、多少冷蔵庫で冷やしてから飲む、或いは一度煮沸してから飲めば臭気だけはやや薄れて飲み易くはなります。とてもめんどくさい作業ではありますけれど。

私達「名水&湧き水四国特集チーム」の中には独身で独り暮らしが長いものが何人か居ますが、特に男性の独り暮らしは女性とは違い長時間に及ぶ心身共にハードな毎日の仕事からの疲れなどもあり健康管理などもどうしてもおろそかになってしまう人が多く、塩素などの消毒剤臭で水道水が臭くて不味い(水道水は地域により水源も異なり、風味に地域差がかなりあります)とつい喉の渇きを癒す際には仕事帰りの際などに近くのコンビニに立ち寄り、水の代わりに「清涼飲料水やビールなど」の摂取ばかりになってしまいます。もちろん疲れて帰って来てからスーパーに食材を買いに行き、それから自炊などする気力のある人は稀有です。毎日の食事はほとんど外食かコンビニ弁当、喉が渇いたらソフトドリンク(清涼飲料水)が水代わり、というパターンが独身時代は続きます。これは健康上、相当悪い事です。しかし「ミネラルウォーター」よりはついソフトドリンクを買って飲用してしまいます。単なる「水」にソフトドリンク以上の料金を払いたく無いですよねえ・・・でも清涼飲料水の原材料(中身の事)の原価も2円程度のものとも聞きますが・・・

とにかく、たまに名水や湧き水を飲んだからといってすぐに人体の70%を占めている水分の性質が総てミネラルたっぷりのおいしくて栄養豊富な水に置き換わる事は無いと思いますので健康は普段からの食生活が大事ですね。

【⇒名水と湧き水[四国湧水]特集HOME】